2014年05月

2014年05月30日

erythrina herbacea

小さな珍しいヒシバデイゴの仲間の苗を購入して3年くらい。
erythrina herbacea
なんて読むんだろ?
初めて花を咲かせました。
屋久島でも見かけるヒシバデイゴのように大きな木にはならず、
こんなふうに根元が膨らみ、

そこから沢山の細い枝が伸びて少しピンクがかった花が咲きました。
ヒシバデイゴはコーラルツリーと呼ばれるだけあって美しいです。

ここまで成長すれば屋久島の露地でも大丈夫かな?
露地植えすればもっと伸び伸びと成長してくれるはずです。

hoso89 at 19:27|PermalinkComments(0)庭の花 

コルムネア

4月から6月いっぱいはビニールハウスでパッションフルーツの受粉作業をしています。
雨の日は涼しくて快適ですが晴れれば熱中症になるほど暑い。
そんなパッションハウスはダンナが大好きな熱帯果樹が管理されていて、
屋久島の気候になじむようなら露地植え待ちしています。
毎日の受粉作業を楽しませてくれる植物たち。
最近開花しているのはコルムネア・スタバンガー。
イワタバコの仲間で熱帯雨林の樹木に着生して生きているような植物。




hoso89 at 15:36|PermalinkComments(0)庭の花 

クジャクサボテンが素敵

森林性サボテンの仲間に最近は興味津々のダンナです。
月下美人は夜に咲き朝にはしぼんでしまいます。
ドラゴンフルーツもそうです・・・・・・美しいのに・・・・・・・・。
だからあまり目につかずに知らずに終わってしまっている。
でもクジャクサボテンは昼間も咲き続け、一つの花が3日くらいは咲き続けてくれる。
しかも色彩豊かで種類も豊富。

ダンナの初クジャクサボテンを購入。
蕾つきだったのでお花を楽しむことができました。



hoso89 at 15:26|PermalinkComments(0)庭の花