2010年09月

2010年09月29日

おとんの海塾(オオウミウマ捕獲)

長女の残り1ヶ月の夏休みは海に行きたいという希望で

仕事が空いた時にはできる限り海に連れて行こうと決めました。

もちろん弟達も一緒なので皆でおとんの海塾で遊びます。



細川家の海塾は生物採取し、飽きるまで観察、そして放流。

今年も沢山の生物を観察しましたが・・・・・・・。



長女が『あれは絶対にタツノオトシゴだったよ。しかもこんなに大きかったんだから』と約30cmくらいだと身振りで伝えてくれた。そんな大物はダンナも見たことが無い。



『タツノオトシゴは毒とかないから捕まえればよかったのに』とダンナが言うと、慌てて海へ駆け込んで行きました。

『あれっ。あれっ・・・・・

もう何処にいたのかわからなくなってしまいました。



後日、細川家タツノオトシゴ捜索隊を組織し・・・・・いざタツノオトシゴ捕獲に乗り出した。

お腹がつきそうなド干潮の中、くまなく捜索するダンナ。

タツノオトシゴの仲間は岩や藻、木の枝などに擬態して土ぼこりまで身にまとっている擬態の名人。

でも動きはスローなので海の忍者と言うほどでもない。



『いたっ。いたぞっ・・・・・・



オオウミウマ発見・・・・・・すぐに捕獲。

でも普通サイズ・・・・・・







しばらく観察して放流しました。

長女が見た特大のオオウミウマが今もどこかに潜んでいる・・・・・必ず見つけたい



来年も〇〇捜索隊が楽しみですね。


hoso89 at 14:32|PermalinkComments(0)屋久島の生物 

2010年09月28日

おとんの虫取り塾

いつもの夏休みはレスリング漬の毎日でしたが全国大会を最後にレスリングを辞めた細川家にとって残された1ヵ月間の夏休みはいかにレスリングというポッカリ空いた心の穴をうめられるかがダンナの課題でした。

仕事のトラブルもあり、急遽連日の仕事・・・・・仕事・・・・・仕事

ありがたいことですが子供達と関る時間に限りができてしまいます

男どもは『クワガタ採りがしたい』とのリクエスト

早朝から長男と次男を起こして約束のクワガタ採り・・・・・・

そしてダンナはお仕事に・・・・・・・

仕事終了・・・・・・

夜も時間が合えばクワガタ採り・・・・・・



『どうせ行ったってとれないしぃ』と言ってすぐに飽きると思っていましたが・・・・・沢山採れます。

たぶん屋久島のクワガタ虫は細川家が採り尽くしてしまうんじゃないかと思うくらいの勢いで捕獲

ダンナがクワガタを叩き落し、下で子供達が拾うというコンビネーション。

簡単そうですが息が合わないとクワガタは飛んで逃げてしまうのです





ノコギリクワガタも色々なタイプが採れます。

こんなにバリエーションがある牙なので面白いですね。



たまにしか採れませんがヒラタクワガタも1匹ゲット。

意外とコクワガタは少なかったです。




hoso89 at 15:49|PermalinkComments(1)島遊び 

2010年09月24日

さらば屋久島格技

細川家はレスリング道場、屋久島格技を辞めました。

細川家はレスリングを嫌いになったわけではありません。

むしろ家族で頑張れるレスリングが大好き過ぎて、決断をするまでは悩み続けてきました。

全国大会を生で感じて思ったことは、屋久島格技以外のチームの監督、コーチ、保護者は個々の選手を伸ばす為に必死に取り組んでいるのがビリビリと伝わってきました。

全国大会を目指し、練習を続け頑張る選手に対しても本番を前に全てを出しきれるような指導をしている他チームの姿を見て指導力、チーム力の重要さを見せつけられました。

全国大会の会場であたふたしている屋久島格技は準備不足であったとダンナは思います。

九州からもタイガーキッズや北九州レスリングなどのチーム力のある素晴らしいチームが全国大会で活躍しました。

もし細川家の子供達がこんな素晴らしいチームの中で切磋琢磨し頑張っていたら、どれほどは強くなれたんだろうか?・・・・・・。離島なので無理ですけど勝手に想像して、とても悔しく思いをしました。



また、全国大会の一つ一つの試合を見ても、全国大会にかけてきた指導者と選手、親の人間ドラマが見える感動する試合ばかりでした。



全国大会での屋久島格技の成績は参加7名。

1回戦負け4名、2回戦負け1名で惨敗。入賞したのは細川家姉弟の2名でした。



さらば屋久島格技・・・・・。

今まではチーム全体が強くなれるように屋久島格技の子供達と関り、声をかけ、目をかけ、たりない部分を情熱のある保護者が補う。そして挑んだ練習、大会はとても素晴らしい経験でした。

手をかけた分だけ成長していく屋久島格技の子供達を見るのが嬉しくて、とても楽しかった。

でも屋久島格技はここ数ヶ月で変わって行きました。

全国大会に出るからには子供達が勝っても負けても悔いの残らないような責任ある指導が見たかった。



真実は言えませんがレスリングが大好きで家族一丸となって挑んできた細川家が大好きなレスリングを退く決意をもつまでは苦しく、悔しい時間を過ごしてきました。

そして苦渋の決断ではありましたが、さらに親子のありかたや絆がさらに深まり、頑張っていく力になっています。



細川家はこのままでは終わりません。

目をつぶると頭の中にはライバル達とレスリングをする細川家の子供達の姿が浮かんできます。

この素晴らしいスポーツ、レスリングを辞めなくてはならない結果はダンナにとって一生忘れることのできない人生の大事件となりました。だからこそ、子育てにたいしての情熱は冷めることはないのだと思います。



レスリングを始めて3年半、細川家の三姉弟はこんなに素晴らしい成績を残してくれました。



第7回北九州レスリングフェスティバル

幼年/年少・年中16kg級 細川そら 銀メダル

小学1・2年24kg級 細川うた 銀メダル



第2回KNT杯争奪九州少年少女選抜レスリング選手権大会

年少・年中16kg 細川そら 金メダル

小学1・2年22kg 細川うた 銅メダル



第13回徳山少年少女レスリング選手権大会

年少・年中18kg級 細川そら 銀メダル

小学1・2年24kg級A 細川うた 銀メダル



第23回九州少年少女レスリング選手権大会

年長18kg級 細川そら 金メダル

小学3・4年女子24kg級 細川うた 金メダル



第8回北九州レスリングフェスティバル

年少・年中15kg級 細川いら 銀メダル

年長19Kg級 細川そら 金メダル

小学3・4年女子24kg級 細川うた 金メダル



第3回KNT杯争奪九州少年少女選抜レスリング選手権大会

年少・年中1 5kg級 細川いら 金メダル

年長20Kg級 細川そら 金メダル

小学3・4年女子27kg級 細川うた 金メダル



第14回徳山少年少女レスリング選手権大会

年少・年中16kg級 細川いら  金メダル

年長20Kg級 細川そら 金メダル

小学3・4年女子25kg級 細川うた 金メダル



第24回九州少年少女レスリング選手権大会

年少・年中16kg級 細川いら  銀メダル

1・2年生20Kg級 細川そら 銀メダル

小学3・4年女子 細川うた 28kg級銅メダル



第27回全国少年少女レスリング選手権大会

小学1年22kg級 細川そら 銀メダル 

小学4年女子28kg級 細川うた 銅メダル 



長女は銅メダル3個、銀メダル2個、金メダル4個の合計9個のメダルをとりました。

長男は銀メダル4個、金メダル5個の合計9個のメダルをとりました。

次男は銀メダル2個、金メダル2個の合計4個のメダルをとりました。



姉弟共に出場した全ての試合で入賞・メダルを獲得するという素晴らしい成績でした。



細川家を応援してくださる全ての方に感謝しています。

これからも細川家の頑張りを見守ってください。