2010年01月

2010年01月28日

じいちゃんの釣果

屋久島で暮らし始めたじいちゃんの趣味は釣り、でも船酔いするのでもっぱら堤防や磯でカゴ釣りやフカセ釣りで晩のおかずを狙います。

じいちゃん・・・・結構釣ってきます。

しかもダンナが釣ったことないようなお魚ばかり



釣りに行くと暗くなるまで粘る、じいちゃんの釣果をご紹介。

早く写メを覚えて屋久島全魚種コンプリート狙ってください。



ホタテウミヘビ



こいつのネバネバは凄まじく、食べられるか調べてもどうやら食用には不向きな感じか、誰か試しに食べてみてくださいなんて感想が・・・・・・・。結局食べずに畑の肥料になってもらったようです



クロハギ?正体不明・・・・・わかる方、教えてください





じいちゃんの釣果をご期待ください。


2010年01月25日

次男くん・反則レスリングその後

次男くんの反則レスリングによって、ダンナは精神的に大ダメージをおってしまった。

レスリングのことを考えたくないほどに落ち込んでしまいました。

父親として子育てに力を注いでいた分、久しぶりに激しい脱力感に襲われていました。



ところが次男くんは何事もなかったかのように生活し、ダンナに甘えてくるんですが次男くんと話す気にもなれず抱っこする気にもなれず・・・・・・。



そんなダンナを見て『お父さんがなんかおかしい』と次男くんは気づき始めました。



お兄ちゃんの顔の傷を見て『血がでてるよ・・・・・・・』



『お前が反則して引掻いたんだよ』とお兄ちゃん。



次男くんは『ハッ』と反則レスリングを思い出して次男くんの肩身が狭くなってしまった。



『レスリングはもう辞めようね・・・・・・・・』



『僕、頑張るから・・・・・・



ダンナは次男くんに『絶対に反則はしない』と約束をさせました。



子供の約束なんてその場しのぎかもしれませんが次男くんを信じることにしました。



次男くんを信じないとダンナが前に進めません。

子供を信じなければレスリング経験者でない素人コーチが指導なんて出来るわけないんです。



次男くんの成長と可能性を信じてレスリング道場に数日ぶりに練習参加。



『どんなことがあっても反則は絶対駄目だぞ』

次男は『うん』とうなづいた。



反則をした次男くんはもちろん悪いが前大会以後、休みなくレスリング漬けにしてしまった親も悪かったと思っています。

子供なんだから休みだって必要です。

ダンナだって毎日子供のレスリングに付き合うのは大変です。

次男くんの反則レスリングで『レスリングに行け、行け』言う嫁さんも気づいてくれたみたいです。



復帰後の練習は約束を守って反則はしなくなりました。

練習も良く頑張っていると思います。

今までできなかった事も頑張るようになりました。
















2010年01月20日

竹馬大会

細川家の長女が通う神山小学校では1月に竹馬大会があります。

この竹馬大会は30年以上続いているようで子供を通わせている親世代も竹馬大会で活躍していたと聞きます



この行事の素晴らしいところは竹馬を手作りするところなんですがダンナは竹馬を手作りしたことはなく初めの1セットを作る時は大変悩み、結局屋久島に遊びに来ていたじいちゃんに作ってもらいました。

長女の初竹馬は竹、木材、針金、ロープを使ったもので丈夫で3年生になった今でもリメイクすればなんとか使えます。

でも針金を使うと怪我をしたりしたことがあるので金具や針金を使わずになんとか竹と紐だけで作れないものかと悩んでいたら、こんな伝統的な竹馬の作り方をホームページで知りました。



竹馬の作り方



この作り方を参考に作ってみました。

材料調達が1番大変で中々節が揃った竹が無いのと太さもまちまち、真っ直ぐでないとか・・・・。

なんとか完成。





神山小学校の竹馬大会の様子は↓でご覧下さい。

みんなとても上手に竹馬を乗りこなしています











ダンナが娘のために作った力作の竹馬でしたが大会では使ってもらえず。

作ったばかりなので『乾燥していないので重いよ』と言われてしまいました。

乾燥したらめちゃくちゃ軽いと思うので来年は使ってください。


hoso89 at 12:53|PermalinkComments(0)島の行事・味