2009年11月

2009年11月18日

インギー鶏

南種子町の天然記念物インギー鶏。





たくさんの料理TV番組等で紹介されていて、ダンナも実際インギー鶏を見たのは『どっちの料理ショー』というTV番組で親子丼になっていた。



インギー鶏は種子島にいた鶏ではなくこんな経緯から種子島にやってきたのです↓。



・・・・・明治27年、イギリス帆船ドラメルタン号が暴風雨により種子島に漂着、それを発見したことにより救助活動が始まったとか。

その後、英国の艦隊が救助に来るまでの約4ヶ月間、29名の乗組員を集落の各家庭で保護、手厚くもてなしたと伝わっているそうです。

その救助活動のお礼として、ドラメルタン号のコーウエル船長から船で飼っていた鶏11羽が村に贈られ、村人達はそれをイギリス人から貰った鶏なので、インギー(イギリス人の意)鶏と呼ぶようになったそうです。



インギー鶏は元々は英国の帆船に食用として積まれていたもので、どうやら日本を通過する前に立ち寄った清国で積み込んだものとみられ、中国南部の古い地鶏の特徴を持っているそうです。

そして現在まで種子島で大切に飼育されてきました。



学術的にも世界的に珍しい鶏として注目されて、既にイギリスにおいても一羽もいないとのこと。

尾羽がなく弾力がある肉質は柔かく大変おいしい鶏である。

一羽の大きさが小さく、肥育期間が長いのが難点なので普通の鶏の約3倍の値段で大変高価。





そんな貴重で高価な鶏が細川家にいるかと申しますと屋久島で趣味でインギーを飼っている方が分けてくれました。

本来は種子島からの持ち出しは出来ないと聞いたことがありますが・・・・・・?。

でも、細川家のはインギーの特徴である短く丸まった尾羽でなく尾羽がある子もいるので純粋種ではないのかもしれません。




hoso89 at 05:17|PermalinkComments(0)その他ペット 

2009年11月15日

サンゴバナ

フラミンゴプランツともよばれるサンゴバナ。





南アメリカのブラジルが原産で高さは1~1.5mほどになります。

花びらが噴水のように溢れる様に出て咲く姿は見事です。

たしかにフラミンゴみたいな鮮やかなピンク色だし、形は深海の桃色サンゴみたい。





調べてみると白や薄いピンクとか色彩は色々な種類があることがわかりました。

キツネノマゴ科の植物は色彩、形、葉の美しいものなど面白いです。



細川家のサンゴバナはまだ1株だけなので少しずつ挿し木で増やしていったら見事な庭になるでしょう。




hoso89 at 05:09|PermalinkComments(0)庭の花 

2009年11月14日

砂漠のバラ

この植物は毎週立寄る花やで花もなく、もう死にそうなほど弱った苗を

『2個買うからまけてくれ』と交渉して手に入れた植物。



名前はアデニウム・・・・・色々な種類があってとても鮮やかなピンクや赤の花が咲くので常々欲しいと思っていた植物。

別名「砂漠のバラ」とも呼ばれる熱帯アフリカ原産の多肉植物で乾燥地に自生するキョウチクトウ科アデニウム属の非耐寒性常緑低木です。

現地では5mになりますが、日本では30cm程度なの多肉植物として認識されています。

茎の根元がとっくり状にふくらむユニークな姿で枝先端の近くに葉がつき花を咲かせます。

暑さや乾燥には強いのですが寒さには弱いので冬は鉢植えにして室内で管理しなくてはなりません。



管理がよければ一年中咲き続け、周年性となりるみたいですが我が家のアデニウムは小さく死にそうだったため開花などはせずに少しずつ根本が成長している様子でした。



そして買ってから2年やっと蕾がついてきました。

ドリルみたいで蕾もかわいい。





ダンナの憧れた花を初めて咲かせてくれました。







成長が早い植物ではありません。

大きく育ってこの花が沢山咲くようになったらさぞ見事なことでしょう。

目指せ周年開花


hoso89 at 04:11|PermalinkComments(0)庭の花 

2009年11月13日

三点倒立っ!!!

次男は体が小さく体重が軽い。

長女や長男はレスリングを始めてから体もがっちりして心が強くなった。



そんな姉兄を見て次男なりにコンプレックスがあったみたい。

『僕はチビだし弱いし』



でも憧れはお姉ちゃん。

同年代の同級生と比べても細くて体重も軽い。

それなのに自分よりも強く体重も重い男の子とレスリング練習している。



次男なりに考えて『レスリングがしたい』とダンナに言ってきました。



レスリングシューズを買ったらもう辞めさせないよ。

『うん頑張る』・・・・次男のレスリングスイッチが入った。



監督とコーチにお願いをしてチビレスとは違う簡単体操のようなチビチビレスリング教室が始まりました。

わけのわかっていないチビチビ達をまとめて練習するだけでコーチは疲労困憊。

本気で大変です。



そんな中、北九州レスリングフェスティバルの開催が近づいてきて

『どうせ行くなら次男も出場させてしまおう』ということになってしまった。



チビチビレスリングの練習ではまだレスリング?という状態なので自主練習を開始。

コーチは鬼の『ダンナコーチ』・・・・・・平気でひっぱたくし蹴ります。

そして本当のコーチは長男・・・・・的確に指導してくれます。



体力のない次男も少しずつ動けるようになりレスリングらしくなってきました。

日に日にできることが増えて自信もでてきました。





見事な三点倒立



それを見た姉兄も一緒に三点倒立







さぁもうすぐ初めての大会デビューです。

負けん気の強い次男は

泣かないで最後まであきらめずに試合をすることが目標。

次男の体重は軽すぎて階級が無いはずなので大きな子と戦うはずです。

それでも頑張れ頑張れ


2009年11月12日

次男は釣りキチ三平?

長男と次男が釣りがしたいと五月蝿い。

しかも自分だけで大人の補助無しで釣りたいという。

なんせ安心して幼児が釣りをする環境もしくは道具が思いつかない。

色々と考えた末、庭から竹を取ってきて竹の枝で釣竿を作ってみた。

ダンナがたぶん中学生くらいの時に買っておいた玉浮き、ガン玉、やまべ針を見つけたので可愛らしい川釣りタックルができました。

餌は魚肉ソーセージとご飯粒。



場所は近所の公園を流れる川。



普段はガサガサを楽しむ細川家行きつけの川です。

正直、釣るよりもガサガサした方がよっぽど短時間で大漁なのに・・・・・何故か釣りにこだわっている。



釣り開始・・・・・。

狙いはヨシノボリというハゼ。





次男が始めに一番大きなのを釣り上げた。

そして長男も釣った。

始めは調子がよかったのにヨシノボリの反応は悪くなり中々釣れなくなってきた。

難しいもんです。



やれやれ釣りにあきたのか次男はバッタを獲りだした。

そして気が付くとバッタを餌に釣りを始めているんです。

なんとそのバッタにわらわらとヨシノボリが群がり我先にと喰らいついているのです。



まるで釣りキチ三平のようなことをする次男にビックリ。



『この川で獲れる生き物を餌にしよう』



次男のバッタをヒントにしてヌマエビを餌にしたら狂ったようにヨシノボリが反応する。

そして奥からはザリガニ?と思うほどの見事な手長エビまで出てきた。



ヨシノボリは大漁で手長エビは針がかからずに釣れませんでした。

でも子供達は大満足。



釣ったヨシノボリは我が家のアジアアロワナの餌となります。



こんど鹿児島に行ったときは釣具屋さんで川釣り用の小さい針を買ってこなくては。


hoso89 at 06:27|PermalinkComments(0)島遊び 

2009年11月11日

巨大蛞蝓

初めて巨大ナメクジの存在を知ったのは伊豆諸島三宅島で暮らしていた頃、役場の裏に巨大ナメクジが出没すると聞いた。

皆、真剣に・・・・・『本当なんだから』・・・・・と

別に疑っているわけではない・・・ダンナ的にはスッゲー見たいのだよ。

三宅島の巨大ナメクジには出逢うことなく島を離れてしまった。



屋久島では巨大ナメクジのことを話す人もいない。

仕事で夜の森を散策するようになりついに遭遇してしまった。

しかも沢山の巨大ナメクジに・・・・・・。

驚くことに木道や倒木の上をかなりの速さで移動している。

その大きさは長いもので20cmくらい。

でも昼間見つけると縮んでいて10cmくらいで動かない。





巨大ナメクジの名前はヤマナメクジ。

本当はそんなに珍しいナメクジではなく本州、四国、九州に生息する普通種のようですが

奄美、徳之島、沖縄などは産地によって模様があったり個体差が出てくるようです。



基本的に夜行性のようなので目撃されることが少ないだけでした。

屋久島の夜の森の散策はグロイ生き物ばかりと出逢います。

ヤマナメクジを筆頭にオオゲジ、トビズムカデ、ヒキガエル、夜行性のヘビ(毒蛇もいる)とかね。



特にヤマナメクジは空気が綺麗な森に住むといわれる。

屋久島で数多く見られるのはなんか嬉しいかも。

いつまでもヤマナメクジが見られる森であってほしい。






hoso89 at 06:27|PermalinkComments(0)屋久島の生物 

2009年11月10日

猩々草

ポインセチアの原種を思わせるこの花は、サマーポインセチアとも呼ばれて、その姿はポインセチアそっくりです。



ポインセチアはショウジョウボク(猩々木)。

ショウジョウソウ(猩々草)とは草と木の違いはあっても,互いに似ていますね。

赤く虫食いされたような苞色と、本来の緑色の苞色が対比されて美しい南アメリカ原産のトウダイグサ科ユーフォルビア属の非耐寒性一年草です。

苞と比べるとあまり目立ちませんが、夏から秋に、茎の先端に花弁が無い沢山の黄色い小花を咲かせます。





猩々とは、赤く長い髪をしたお酒好きの猿に似た想像上の生き物で、

現在ではオランウータンのことを言う。

枝の先の小総苞が朱紅色になることを猩々にたとえた名前みたいです。



細川家には近所の奥様からいただいたものがこぼれダネから次々と生えてきました。

とても丈夫な種類のようです。






hoso89 at 06:04|PermalinkComments(0)庭の花 

2009年11月09日

大興奮のお魚祭り

安房漁港で毎年行なわれているお魚祭りは年々規模が大きくなってきていて細川家家族はとても楽しませてもらっています。

漁協青年団による『とびうおバーガー』なんて売り切れてしまい買えないこともあったほどのご当地バーガーですよ。お味もグッド

今年はさらに無料で魚のあら汁やキビナゴの詰め放題。

カンパチのKg当てコンテストなどのイベントもあり飽きません。



細川家子供達の楽しみは魚のつかみ取り大会。

以前は手づかみでしたがトゲのある魚もいるせいか魚すくいになっていました。

サプライズはカンパチ(アカバラ)やマダイも泳いでいます。





細川家の子供達は

長女・・・・・シロダイ小

長男・・・・・シロダイ大

次男・・・・・オジサン2匹

をゲット。



ダンナがとっても楽しみにしているのはお魚解体ショー

去年はイシナギでしたが今年は巨大カンパチ40kg

大興奮です。

流石に高級魚カンパチなので無料で試食はありませんでしたがあっという間に売切れてしまいました。





このカンパチはムロアジの泳がせ釣りで獲られたそうで屋久島海域はこんなモンスターが棲むんだと武者震いしてしまいました。

ジギングでこんなのをかけたらと冷や汗ものですが獲りたいねぇ。



家に戻ってからは今晩の準備。

魚をさばいていると。

次男はオジサンで記念撮影・・・・・ご満悦な表情。





オジサンミニ解体を眺め切られたオジサンのひげを発見。





あごひげオジサン





口ひげオジサン





仮面ライダーオジサン・・・・と

ひげをフル活用。

オジサンのひげを色々な所にひっつけてさらにご満悦。

あまりに生臭いので『生臭いからやめなさい』と言ったら丁寧にひげを洗い、また顔に付けて遊んでた。



結局、『そのひげ死んでるから虫が出てくるよ』と脅かしたらあっさり捨ててくれました。

お風呂が沸くまでの次男の楽しい時間でした。


hoso89 at 06:16|PermalinkComments(0)島の行事・味 

2009年11月08日

ジギング解禁

仕事の忙しい時期も終わり、時間に余裕がでてきた。

いよいよ待ちに待った・・・・・『ジギング解禁だ』

今回は5人で屋久島北部のふじよし丸さんでのジギング。



前回はハガツオやマダイなどのカンパチ以外の魚の姿も見ることが出来てタックルに悩む。

ダンナはマダイを釣りたいのでタイラバタックルを揃えて乗船。

でもタイラバは無反応・・・・・・ニュータックルの出番はありませんでした。

船長はこれから11月から春にはマダイは良くなると教えてくれたのでまた是非挑戦したい。



台風後のうねりが残る中のジギングで5人中、2人はすぐに船酔い。

1投目からダウン。

その中の1人はうちのじいちゃん・・・・・7時間の船酔いに絶え港に戻りましたが

『死んだ兄貴が出てきた』と笑い話のような船酔い体験を語ってくれた。

じいちゃんは残念ながら釣果無し・・・・・・乗船前に酔い止め(アネロン)を飲んでてもだめでした。



船酔いに強くなったダンナはフルにシャクリまくるが渋い・・・・・・魚探には良い反応が映るのに。

あまりにあたりがないので色々とタックルやジグを変えるも変化無し。

1回目のあたりは何かがジグを噛んだがフッキングせず・・・・・ジグには擦り傷が残る。

お昼も過ぎた頃潮も早く180gのジグでは底がとれなくなって来た。

『底がとれないんじゃジギングにならない』

しっかり底をとってジグを動かす・・・・最終的にはいつもこれで結果が出る。

PE2号、リーダー50ポンド、ジグ250g

ジグを少し重くするだけでストレスなく底がとれるようになった。



感覚でジグがよく動いてくれるのがわかる・・・・・その瞬間・・・・・・ゴン!!!

ロッドが重くなる何度も合わせを入れてフッキング。

ジギングに行けなかった数ヶ月でファイトのイメージはできている。

それを実践するだけ。





イメージどおりのファイトで泡を吹きながらカンパチの魚影が見えた。

この瞬間を思い描き楽しみにしていたんだ。





私が釣り上げたカンパチの中で一番の大物ではないかと思う。

多分7kgから8kgくらいだろう。

ダンナが10kgを超えるカンパチを獲るのも夢ではなくなってきた感じです。



少ないチャンスを確実にものにする。

そんな釣りができるようにしたい。



今回のダンナの釣果はカンパチ4kg、5kg、7kgくらいの3匹に1回フックアウトでした。

カリスマエビ氏は大きな底物とのビックファイトでしたがフックアウト。

しかしいつもの安定したジギングでカンパチ3匹でした。



船上では大興奮しているダンナとカリスマエビ氏の楽しそうな声がしていたと船酔いじいちゃんが語ってくれました。


2009年11月07日

トウワタ

庭に勝手に生えてきた植物で和名はトウワタ(唐綿)は中国の唐を意味し、ワタは、この花の種にはタンポポのように綿毛が付いているところから名付けられたようです。学名はとっても長い名前、アスクレピアス・クラサビカ・・・・覚えられません。アスクレピアスはギリシャ神話の医術の神様の名前らしいです。

それにしても奇妙な花です。





南アメリカ原産の一年草で背の高さは、70�pほど、切ると白い液体を出ます。



ちょうどカバマダラの幼虫がトウワタに発生していました。





何日かで小さな幼虫がトウワタを食べつくしてあっという間に大きくなっていなくなっていく。

トウワタには毒性があり、葉にも毒がある。その葉を食草とするカバマダラの幼虫にも毒が移り、蝶になっても毒が残る。

鳥に食べられないように自分を毒に変えてしまうなんて凄い。




hoso89 at 05:21|PermalinkComments(0)庭の花