2007年12月

2007年12月29日

カスミアジが釣れた





あたりまえだがヒラスズキ狙いで磯に通うも中々釣れない。

ダイエットを兼ねての磯歩きもダイブ慣れてきたが魚をつるのが一番の目的。


良い潮通しの磯で波をかぶりながら、ひたすらキャスティング・・・・・。

「かかったよぉー」釣友のロッドがしなる。

どうやらイケカツオだったらしいがフックアウト。


また釣友のロッドがしなる「かかったよぉー」

かなりビッグファイトまたもフックアウトでおしい。

ルアーを回収するとトリプルフックが曲がっていた。

今回は大型ヒラマサだったそうで・・・・・凄過ぎです。


ダンナもひたすらキャスティング・・・・・・「きったーぁ~!!!!!!」

あまりのへっぴり腰に釣友が慌ててサポートに来てくれてキャッチ。

小型のカスミアジでした。


青い斑点がとても美しいアジで刺身で絶品なんです。


もう1匹釣りたいと欲をだしてキャスティングしていると

「バコンッ」とルアーが引き込まれた。

「きたぁー!!!!」ダンナはまたカスミアジだと思ってたら「ジィーーーーーー」リールが壊れそう。

もうドラグが止まらないし、ロッドを立てることも、自分が立つこともできず魚に翻弄される。

まったくもって余裕なしで成すすべ無し。


「あーーー切れた!!!」

足がガクガク震え、ビッグファイトの余韻に浸りながらラインを回収すると

ルアーも無事だった。


トリプルフックを見ると完全に曲がってしまっているしルアーのボディーには大きな歯で削ぎとられたような傷が・・・・・。

何本ものGTをキャッチした経験を持つ釣友が「おそらくGT(ローニンアジ)だよ」と言った。

いま思い出してもダンナが見たあの魚影はまさしくGTだったと思う。


これで来年、GTを釣るという心の準備ができた。

今回のビッグファイトを忘れないようにイメージトレーニング開始ですよ。




オオベニゴウカン



細川家の庭ではポインセチアとオオベニゴウカンのコンビで赤色ですよ。

ボリビア原産のマメ科の樹木で漢字で書くと大紅合歓。

レッドパウダーパフとも呼ばれています。


今年夏の終わりに植えた、細川家の新たな花木で

こんなに早く花が見れるとは思っても見ませんでした。


ていうか、狂い咲き?と驚いていたら。

なんと花期は12月から5月らしい。

花の感じからして夏と言うイメージだったので寒い時期に次から次へと咲く姿はとても目立ちます。




hoso89 at 15:48|PermalinkComments(0)庭の花 

2007年12月17日

幻のヒラスズキを釣る





初めてヒラスズキ釣りを見たのは去年の冬、友人に付いて行った。

私の格好は七部丈の短パンにサンダル姿。

友人はライフベストに鮎タイツ、磯タビ。

この釣りスタイルからわかるように私はヒラスズキ釣りというものを理解していなかった。

「ヒラスズキは荒れたサラシの磯で釣るんだよ」とは聞いていたがこんな強風の中・・・・。

しかも横殴りのシャワーのような強烈な波しぶきの中で釣りをするとは思っても見なかった。

磯を洗い流す波が足首を隠し、砕けた波しぶきが恐ろしい轟音をあげる・・・・怖い。

ルアーを投げてもどこに飛んだのかさえわからない。


「なんで俺、サンダル?」

すぐに釣りをあきらめて退散。

友人は強烈な波しぶきを物ともせずに磯を渡り歩きルアーをキャストしている。

ヒラスズキを釣ることの難しさを知り、命がけの危険な釣りであると震えたあしがものがたっていた。


「俺にはヒラスズキ釣りは無理なんだ・・・・」と思っていた。


でも釣り友達のヒラスズキにかける熱い思いや何故そこまで夢中になるのか話を聞くうちに

「俺もヒラスズキが釣りたい」と思うようになってきた。

まずは荒磯に立ち向かう為の装備を揃えなければ。

レンタル品に使えなくなったレインウェア

カヌー用で使い込んだライフベスト

鮎タイツ

磯タビ

手袋


あとは釣り具

ロッドは去年中古で買ったダイワのパシフィックファントムCC-1304T-4RS

リールはシマノのツインパワーXT4000DH

どれも時代遅れのタックルかもしれないが、今ヒラスズキを釣る為にはこのタックルしか持っていない。

少しの時間でも磯に通いルアーを投げ、

ルアーを無くしてもあきらめず、釣れなくても磯歩きを慣れるように心がけた。

流石に格好も様になってきたように感じるがキャスティングは下手っぴです。


そんなある日、とうとう憧れたあの銀色の魚体と格闘となった。

まだ暗闇の早朝でのヒラスズキ狙い。

闇の中でのキャストとリーリングは感覚だけが頼り、波がヒザ近くまで押し寄せて引いて行く。

この間までは恐怖でしかなかった打ち寄せる波が不思議と気持ちを落ち着かせていく。

感覚的に、もうそろそろルアー回収だなと思った瞬間


「グッググッ」とルアーが引き込まれ重たくなった。

次の瞬間、リールからラインが「ジィーーーーーーーーーー」と引き出される強烈な引き。

リールが破壊されたかと思うくらいの衝撃。

まだ魚はそこにいる・・・・。


落ち着きを取り戻しヘッドランプを付けて足元を確認した。

「とりあえず魚体を見たい」

するとライトに照らされ銀色の魚体が激しく揺れていた。


「ヒラスズキだっ」

・・・・・・逃がしてたまるかとライントラブルでも強引に巻く。


よせ波に任せながら引き寄せると・・・・・「デカイっ」

心臓が爆発しそうなくらい、そして足が震える。


強引に引き上げ、しばらくは放心状態でなんともいえない美しいヒラスズキを眺めていた。


震える手でプライヤーを持ち、フックをつまむとフックが伸びて曲がっていた。

3本あるフックのうち2本が曲がっていた。

すごいファイトだったんだとヒラスズキに敬意をはらった。

ありがとう。

ファイト時間は1分か2分ほど、とにかくあっという間でした。


人生初のヒラスズキは全長84センチ、重量7キロ

デカヒラでした。


最後にヒラスズキ釣りはむやみに人に勧められるようなものでないことを理解して欲しいです。

今回足元が良いほうだったので取り込みに成功しましたが

一歩間違えば怪我ではすまないことになったかもしれない。


私はヒラスズキの魅力を知りました。

その魅力以上に危険も知らなければならない。